子供の二の腕にブツブツが!毛孔性苔癬の見分け方とケア方法

子供の二の腕にブツブツが!毛孔性苔癬の見分け方とケア方法

 

 

二の腕のブツブツに悩まされている方も多いと言われていますが、実は悩まされているのは大人だけではありません。

 

子供でも二の腕にブツブツができることはあり、どうもの年齢も様々です。

 

特に思春期の子供にとっては大人同様に見られるのが恥ずかしく、授業などで水着になるのが辛いという子も多いようですね。

 

二の腕のブツブツは毛孔性苔癬と呼ばれる皮膚病の一つで、比較的若い方のほうがなりやすい傾向にありますが、かかる年齢層の幅は広いためあまり限られてはいません。

 

ただ思春期の子供の場合だと毛孔性苔癬なのかニキビなのか分からないと思うこともありますよね。

 

実際にニキビという可能性も捨てきれない時期だと、見分けがつきにくくなるでしょう。

 

毛孔性苔癬とニキビの見分け方としては、毛孔性苔癬には痛みや痒みなどはなく、ニキビのようにピンポイントではなく広範囲に赤いぶつぶつが広がっているのも見分け方の一つです。

 

二の腕のブツブツのケア方法としては肌のターンオーバーを整えるためにも保湿を重視すると良いでしょう。

 

こすったりするのは逆効果となるので、ピーリング等は控えましょう。

 

まずは子供にも二の腕のブツブツはできるので、ニキビなどとは違うか見分けて、正しいケア方法を取り入れましょう。

 

 

毛孔性苔癬は遺伝?

 

二の腕にできるブツブツはだいたい毛孔性苔癬という皮膚病なのですが、一体何が原因でこのようになってしまうのでしょうか。

 

実は毛孔性苔癬ができてしまう原因の一つには「遺伝」も含まれます。

 

ご家族に毛孔性苔癬ができている方がいれば、子供でもできる可能性はあるということになります。

 

比較的遺伝によって発症する方も多いようで、特に男女の差などはないようです。

 

ただし、必ずしも遺伝が原因というわけではない場合もあるので、ご家族に毛孔性苔癬の方がいなくても、肌のターンオーバーが乱れたことで毛孔性苔癬になる可能性があります。

 

特に、体をこすりすぎたり保湿を怠ることで、肌のターンオーバーが乱れ毛孔性苔癬ができる可能性が出てしまう場合があるのです。

 

確かに遺伝でも毛孔性苔癬になる可能性は高いのですが、遺伝以外にも原因はあるので注意しておく必要があります。

 

また遺伝しているからといって、必ずしも毛孔性苔癬になるとは限りません。

 

毛孔性苔癬の可能性は遺伝の方が確率は上がるかもしれませんが、それでも遺伝ではない方でもなってしまう可能性は否定できないのです。

 

ただ、もしご家族に毛孔性苔癬の方がいれば、やはり高い確率で毛孔性苔癬になる可能性はあるので、できるだけ注意しておくようにしましょうね。

 

 

子供の毛孔性苔癬のケア方法

 

毛孔性苔癬は大人の方がよく悩むイメージがありますが、実は幼い子供の方が毛孔性苔癬が比較的発症しやすい傾向にあります。

 

でも、子供だとどのようにケアしたら良いのか、特に思春期に入る前のお子さんの場合だと、どうしたらいいかわかりませんよね。

 

大人と同じようなケアでも大丈夫なのか、逆に刺激が強くないか心配にもなります。

 

ですが最近では毛孔性苔癬専用のケア用品などが市販されており、敏感肌の方でも使用できるほど優しい成分で作られているので、安心して子供でも使用することができるものもたくさんあります。

 

毛孔性苔癬に欠かせないのはやはり保湿、保湿に特化して尚且つ二の腕などのブツブツをしっかりとケアできるようなケア用品を選び、しっかりとケアしてあげると良いでしょう。

 

ただ毛孔性苔癬なのかわからないという方は、まずは皮膚科への受診を先に優先させましょう。

 

他にも皮膚疾患を持っているのなら、かかりつけの皮膚科などを受診して、正しい処方を受けることも大切です。

 

大人でもそういった方もいるので、不安に感じたりどうしたらいいかわからない場合はまずは皮膚科へ行きましょう。

 

毛孔性苔癬だと判断できているのであれば、専用のケア用品などを使ってみてしっかりと保湿をしながらケアしていくと良いですね。

 

まずはケアも重要ですが、どういったケア方法が良いのかをじっくりと考えてあげましょう。

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top