二の腕のブツブツが超痒い!どうしても掻きむしりたくなる時の対処法

二の腕のブツブツが超痒い!どうしても掻きむしりたくなる時の対処法

 

 

二の腕にできたブツブツ、ちょっと痒いなぁと思っていたらいつの間にか掻きむしりたくなってはいませんか?

 

この衝動、しっかりと抑えないと二の腕が大変なことになってしまいます。

 

痒いと感じてしまうのは、二の腕のブツブツができる原因にあるので、改善しないと痒みは一向におさまることはありません。

 

だからと言って掻きむしると傷ができて跡が残ったり、ブツブツが取れて毛穴がポッカリ開いてしまったりしてしまいます。

 

ただ痒いのはなかなか蚊に刺された時と同じように、止めることはできませんよね。

 

そんな時の対処法としては、少し冷やしたりして疼いた肌を落ち着かせる方法もあります。

 

冷蔵庫で冷やしたタオルや、少し水に濡らした布などを当てると肌が落ち着いてくるので、痒いのもおさまってくるでしょう。

 

逆に温めてしまうと血行が良くなってしまうので、より一層痒みが強くなります。

 

二の腕のブツブツが痒くなった時は、冷やすことを優先して対処するようにしてくださいね。

 

出先で冷やすのが難しい場合は、冷えたペットボトルや缶などを患部に当てるというのも良いでしょう。

 

逆に冷やしすぎると、その後急に肌が暑く感じてしまう場合があるので、ほどほどに冷やしてあげましょう。

 

二の腕のブツブツが痒い時は、とにかく少し冷やすこと。

 

掻きむしってしまわないようにちゃんと対処してくださいね。

 

 

二の腕のブツブツが痒くなる理由

 

二の腕のブツブツが痒いと感じることもあるのですが、なぜ痒くなってしまうのでしょうか。

 

それは二の腕のブツブツができる原因にも関係しているのです。

 

二の腕のブツブツができる原因の一つには、肌の乾燥があります。

 

肌が乾燥して二の腕にブツブツができてしまう場合があるのですが、痒みも肌の乾燥によって引き起こされてしまうのです。

 

肌が乾燥することによって肌のバリア機能は低下してしまいます。

 

バリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激にも敏感になってしまうため痒みが生じてしまうのです。

 

特に乾燥する季節や空調などで空気が乾燥していると、肌も敏感になり痒くなりやすくなります。

 

二の腕のブツブツができている部分も同じように乾燥が原因で痒いと感じてしまうので、痒みを抑えるためには冷やしたりするなどの対処が必要となります。

 

ただ根本的に解決するためには、保湿等も重要となります。

 

痒みを抑えるためには、まず根本的な二の腕の改善が必要となるのでそのまま放っておかないこと、対処法を考えるようにしなければなりません。

 

痒みでも悩まされる二の腕のブツブツ、放っておくと悪化する場合もあるので気がついたら早めにケアを始めるようにしましょう。

 

 

ピュアルピエで保湿すれば痒くなくなる

 

二の腕のブツブツ、痒いと感じるのは肌の乾燥が原因です。

 

痒みを抑えるためには、しっかりと保湿する必要があります。

 

ですが肌の保湿は意外に難しく、保湿成分も肌の奥まで届かなければインナードライとなってしまうため、根本的な乾燥を解消することはできません。

 

そんな時こそ、二の腕のブツブツ解消のために作られたケア用品のピュアルピエを使って、しっかりと肌を保湿してあげましょう。
ピュアルピエはたっぷりと保湿成分を配合しており、保湿を重視して作られています。

 

そのため肌の奥からしっかりと保湿ができ、肌の乾燥を防いでくれるのです。

 

肌を保湿し続けるとバリア機能も高まり、刺激から肌を守ってくれるので痒みが出ることはありません。

 

またピュアルピエは二の腕のブツブツも解消してくれるので、一石二鳥とも言えますよね。

 

二の腕のブツブツだけではなく痒みもしっかりと抑えたいのなら、使うのはピュアルピエが一番です。

 

ボディクリームや市販薬などもありますが、それだけでは対処しきれないほど乾燥している可能性もありますし、二の腕のブツブツ解消には効果も期待できません。

 

二の腕のブツブツだけではなく痒みにも悩まされているのであれば、保湿重視で根本から改善できるピュアルピエを選び、早めにケアを始めましょう。

 

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top