毛孔性苔癬を潰すと悪化する?それとも消えるのか?

毛孔性苔癬を潰すと悪化する?それとも消えるのか?

 

 

毛孔性苔癬は赤い小さなブツブツができるのが特徴ですが、ちょっと触るとぽろっと角栓が取れたりするので、どうしても潰してしまうという方もいます。

 

また、ニキビのように潰してしまった方が早く治ると勘違いしてしまっている方も多く、癖になってしまい次々に潰してしまう方もいるのです。

 

ですが毛孔性苔癬は潰してしまっても本当に良いのでしょうか。

 

実は毛孔性苔癬は潰すのはNGなのです。

 

潰したら角栓が取れて赤みが引いて…と思いますよね。

 

ですが潰したとしてもまた同じ場所に角栓がたまり、晴れたりしてしまう場合もあります。

 

要は悪化する可能性があるということになりますね。

 

特に無理やり角栓をむしり取るという行為は、肌にとっても良いものではないので潰すという方法は決してしない方が良いでしょう。

 

色素沈着を起こす可能性もあるので、潰さない方が良いですね。

 

毛孔性苔癬はニキビの中でも角栓ができるタイプのニキビに近いものがあります。

 

ニキビでも膿を出した方が良いという場合もありますが、無理やり出したりする方法だとほぼ悪化する可能性が高くなります。

 

毛孔性苔癬も同じく、潰してしまうことで悪化する可能性があるので、気になってしまう方もいるかもしれませんが、決して潰さないようにしっかりと正しいケアをして治すようにしましょう。

 

 

無理に潰すとクレーターになる可能性が!

 

毛孔性苔癬は潰すとポロポロと角栓が取れるので、潰すことが癖になってしまうという方もいます。

 

ですが無理やり角栓を押し出すと、顔のニキビと同じようにクレーターができてしまう可能性があるのです。

 

毛孔性苔癬はニキビとは違うのに…と思いますよね。

 

できる原因はニキビとは違いますが、だいたいの構造はほぼニキビと近いものがあります。

 

毛穴に角栓が詰まる角栓ニキビに似ているので、いじりすぎてしまうとクレーターができてしまうのです。

 

もしかしたら潰すのが快感になってしまっている方もいるかもしれません、ですが潰せば潰すほどクレーターができる確率も上がってしまうでしょう。

 

しかもクレーターは一度できてしまうと、もう元の肌に戻すことはできません。

 

綺麗にするには美容外科などで処置するほかないのです。

 

弄らない潰さない、これだけでも肌の状態が変わった時、見た目に大きく左右するので、毛孔性苔癬は潰さないように心がけておきましょう。

 

特に潰した方が綺麗になると思っている方もいるようですが、悪化するだけなのでやめておくのが懸命です。

 

毛孔性苔癬を改善させるためには、正しいケアと潰さないことの二つが重要となるので、しっかりと守ってケアをするようにしましょう。

 

 

毛孔性苔癬ケアの基本

 

毛孔性苔癬になってしまった場合、一体どのようにケアをすれば良いのでしょうか。

 

毛孔性苔癬になってしまう原因には、肌のターンオーバーの乱れが関係する場合もあります。

 

剥がれ落ちなかった角栓が溜まってしまったため、毛穴から角栓が隆起してブツブツができてしまいます。

 

このブツブツは潰してしまうと悪化してしまう可能性もあるので、ケアの基本としては必ず潰さないことも条件となります。

 

またそのほかの基本ケアで必要なのが保湿です。

 

それだけ?と思う方もいるかもしれませんし、ピーリングの方が効果が早く感じられると思っている方もいるでしょう。

 

ですが毛孔性苔癬にはピーリングは逆効果となる場合があります。

 

肌のターンオーバーを整えることが一番毛孔性苔癬が改善できる近道となるので、基本的なケアには必ず保湿を入れる必要があるのです。

 

乾燥することも毛孔性苔癬を悪化させてしまう原因となります。

 

毛孔性苔癬ができてしまうとたくさんのケア方法を試してみたくなりますし、早く改善したいと思うため洗い方法を選んでしまう方もいるでしょう。

 

ですが時間がかかったとしても、毛孔性苔癬の基本ケアは保湿なのです。

 

毛孔性苔癬ができてしまったら、しっかりと保湿をするように心がけてじっくりと治していくようにしましょう。

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top