二の腕のブツブツや体の黒ずみは体を洗うナイロンタオルが原因?その理由とは?

二の腕のブツブツや体の黒ずみは体を洗うナイロンタオルが原因?その理由とは?

 

 

ほとんどの人は毎日入浴時に体を洗うはずですが、何を使って洗っていますか?

 

人それぞれ違いますが、意外と多いのがナイロンタオル

 

100均でも硬さや色、長さの違うナイロンタオルがたくさん売られているので、それだけ需要がある証拠。

 

実は、私も子供の頃からこのナイロンタオルで体を洗う習慣があり、家族全員がそうだったので、特に疑問を感じることもありませんでした。

 

しかし、最近は体を洗う際にナイロン素材でゴシゴシすることで肌のトラブルにつながることが分かってきました。

 

芸能人の中では、この摩擦が肌に一番悪いので、ほとんど体を洗わない。
シャワーと湯船に浸かるだけで、十分汚れが落ちるし肌がとてもきれいになったと言ってる人がいます。

 

確かに、お湯で流す流すだけで汗や皮脂はほとんど流れるそうで、それ以上に洗浄成分が強いボディーソープを使ってゴシゴシしたら、必要な皮脂までも落ちバリア機能が低下してしまうのです。

 

摩擦による肌トラブルが多く、二の腕のブツブツの悪化や肌の黒ずみも起こると言われています。

 

綺麗に洗うつもりが、逆に肌を傷つけているなんて本末店頭ではないでしょうか?

 

肌に優しい体の洗い方を覚えて、一日の汚れをしっかり洗い流しつつ、肌のバリア機能を低下させない方法を身につけましょう。

 

 

ナイロンタオルは体に悪い?ナイロンタオル黒皮症とは

 

自分の背中をじっくり見たことはあるでしょうか?

 

とてもきれいな人もいますが、中にはシミのような黒い色素沈着が見られる人が多いはずです。

 

これは、以前浴びた紫外線の影響だと思っている人が多いのですが、実はナイロンタオルを使うことでできる色素沈着「ナイロンタオル黒皮症」なのです。

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、ナイロンタオルで何年も体を洗っていると、その摩擦でメラニン色素が過剰に分泌されてしまい肌が黒ずんでしまいます。

 

ナイロンタオルを使ったことがある人は分かると思いますが、洗うとすっきりする反面、かなり刺激があります。

 

ですから、気付かないうちに肌にかなりの刺激を与えることになってしまうのです。

 

特に、背中はかなり力を入れて洗うことで、皮脂や垢がはがれるような気がしてしまい、ゴシゴシ力一杯擦ってしまうのです。

 

手が届かない背中も洗えるようになっているので、とても便利なグッツではあるのですが・・・

 

当たり前のように使っていたナイロンタオルが原因で、肌が黒ずんだり二の腕のブツブツが悪化するなんて知ったら、今すぐ使用を中止するしかありません。

 

使い続ける限り、どんなにケアをしたとしても改善するわけがありませんからね。

 

 

肌に優しい体の洗い方

 

ナイロンタオルで体を洗うことの危険性を説明しましたが、それならばどのような方法で体を洗うのが正解なのでしょうか?

 

先に説明した通り、体はお湯で洗い流すだけでほとんどの汚れや皮脂が落ちます。

 

ですから、さっぱりするほどゴシゴシ擦ることは必要ありません。

 

ゴシゴシ擦ることでとてもさっぱりしたような感じがしますが、実際は必要な皮脂までも洗い流されており、肌が弱くなっています。

 

それを避けるためには、泡で優しく洗うのは一番いい方法です。

 

最近は、泡で出てくるボディーソープがあるので、それを手に取り肌を洗ってみましょう。

 

最初は物足りない感じがするかもしれませんが、肌の潤いが増すのが分かるはずです。

 

体の洗い方を変えるだけで、黒ずみや二の腕のブツブツをケアすることができます。

 

今すぐナイロンタオルの使用を中止し、泡で優しく洗うようにしましょう。

 

 

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top