毛孔性苔癬の治療薬ニノキュアの効果は?実際に治った人は多いのか?

毛孔性苔癬の治療薬ニノキュアの効果は?実際に治った人は多いのか?

 

 

尿素には2つの効果があるって知ってましたか?

 

・肌の保湿効果
・角質化した肌を柔らかくする効果

 

この二つの効果があるんです。

 

これが一体どのようにして二の腕のブツブツの改善に貢献してくれるのか…

 

二の腕のブツブツの原因を考えてみましょう。

 

そしてニノキュアにたくさん含まれている尿素の効果は?

 

ここで考えたいのが二の腕にブツブツができる原因の「肌の角質化」です。

 

乾燥・摩擦・日焼けといった肌がダメージを受けてしまうことで、反対に肌が強くなろうと思って固くなっていくんですよ。

 

そこに毛穴の皮脂がたまっていくんです。

 

そうなると、毛穴が詰まってニキビのような吹き出ものになってしまうんですよね。

 

背中や二の腕は皮脂の分泌が顔の次に多いところですから、ニキビになりやすいんですよ。

 

以上のことから二の腕のブツブツに大切なのは、肌の角質を取り除いて毛穴の詰まりをなくすことなんです。

 

ニノキュアに高濃度で含まれる尿素なんですが、これには角質を柔らかくする効果があるんです。

 

さらにニノキュアは他の効能として、肌の赤みをおさえたりするんです。

 

そして、肌の代謝を正常化する成分も入っているんですよ。

 

肌の保湿をしながら薬用成分でニキビを落ち着かせてます。

 

二の腕のブツブツを引き起こす原因から取り除いてくれるんですね。

 

二の腕のブツブツにはニノキュアはまさに理想的なクリームといえるんです。

 

ただし、ニノキュアって肌の状況によって効果に個人差があるんです。

 

効果が出るまでに時間がかかることを想定しておきましょう。

 

そして、肌を露出する季節が来る1〜2ヶ月前にはニノキュアの使用をスタートさせるのが良さそうですね。

 

肌の角質を柔らかくしながら保湿してくれる尿素ってすごいですね。

 

さらに炎症を抑えてくれる薬用成分が入っているニノキュアなら、二の腕のブツブツの悩みも解消されるかもしれませんね。

 

 

ニノキュアとは?

 

ニノキュアって二の腕のブツブツやニキビをケアしてくれる薬なんです。

 

ドラッグストアでもよく見かけますよね。

 

「これって本当に効果あるのかな…」「ネットの口コミはどうなってる?」

 

二の腕のブツブツなどに悩んでいたら、ニノキュアがどうして効果ありなのか気になりますよね。

 

尿素20%というのが「効果ありそう」ということでニノキュアを選ぶ人も多いんです。

 

それと、尿素20%というのは、尿素って刺激物ですから、配合の割合が決まってるんです。

 

その上限が20%ということなんです。

 

 

ニノキュアとピュアルピエの違い

 

ニノキュアは、二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)を治してくれる小林製薬が製造しているニキビケアグッズなんです。

 

ニノキュアで見るからに治りにくそうな毛孔性苔癬が治るのであれば、価格もやすいのでコスパいいですよね。

 

ただし、ニノキュアって尿素の配合量が多いので、刺激に弱い人は敬遠するんですよね。

 

そのあたりは人をえらぶケア商品かなって思います。

 

それだったら敏感肌の人でも使えて、毛孔性苔癬に効果的なものがないのかと探してみました。

 

するとピュアルピエがそうらしいんですよ。

 

ピュアルピエはニノキュアとよく比べられているようですね。

 

ピュアルピエとニノキュアの決定的な違いは、ピュアルピエは尿素が使われていないってことですね。

 

ですから、ピュアルピエは敏感肌の人にはもってこいなんです。

 

尿素の効果を発揮してニノキュアを選ぶか、マイルドで肌に優しく尚且つ効果を求めるピュアルピエかということですね。

 

ピュアルピエは、さらに鉱山油や動物性成分や香料などの添加物も使われていないんです。

 

とにかく、敏感肌の人に優しいってことですよ。

 

そのためピュアルピエを使った人の満足度は高いですね。

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top