顔にも毛孔性苔癬ができるのは本当?二の腕にある人は顔にもできる?

顔にも毛孔性苔癬ができるのは本当?二の腕にある人は顔にもできる?

 

二の腕のブツブツは皮膚疾患の一種で、毛孔性苔癬という名前が付けられています。

 

皮膚疾患と言っても、良性疾患に分類され必ずしも治療の必要がないとされています。

 

これは、毛孔性苔癬があるからと言って他に弊害が出たり、体の調子が出ることはなく、30代以降には徐々に薄くなる人が多いからです。

 

しかし、若い女性にとってこの二の腕のブツブツは耐えられない苦痛を感じるものです。

 

なぜなら、二の腕を出しておしゃれをしたいのに、ブツブツが目立って汚らしいから出せない。

 

友達や恋人に二の腕を見せるのが恥ずかしいと感じる人も多いのです。

 

ですから、治療の必要がないと言われても「はいそうですか」と言うわけにはいかず、何とかしてきれいにしたいと思はずです。

 

このにっくき毛孔性苔癬ですが、なんと顔にもできる人がいます。

 

腕でも嫌なのに顔にできてしまったら本当にショックです。

 

毛孔性苔癬の主な原因は遺伝と言われていますので、腕に毛孔性苔癬がある人は体質的に顔にもできやすいのでしょうか?

 

実際は、二の腕に毛孔性苔癬がある人は顔にもできる可能性がありますが、必ずではなくできない人もいます。

 

 

顔だけの人も

 

毛孔性苔癬は二の腕だけではなく、顔にもできるとお話ししましたが、顔だけの人もいるようです。

 

顔のどの部分にできるのか?

 

多くの場合は耳の下あたりから頬にかけでですが、二の腕よりは目立たない人がほとんどです。

 

ブツブツ自体が茶色く目立つ二の腕に比べて、顔は頬が赤らんで見えます。

 

女性はメイクである程度かくれるので、それほど恥ずかしい思いをすることはないかもしれません。

 

メイクのノリが悪く肌荒れしているように見えたり、色を隠すために本来よりも濃いファンデーションを使うなど、ざらつきや色ムラがあるので美肌とは程遠いのは確かです。

 

二の腕は隠すことができますが、顔はそうはいきません。

 

顔に大きなコンプレックスがあると外に出るのが嫌になってしまいますし、自分に自信が持てなくなってしまいます。

 

そのようなことにならないためにも、早めにケアを始めましょう。

 

顔の毛孔性苔癬も二の腕同様、効果的なケアを行えばきれいにすることが可能です。

 

しっかり保湿してケアクリームを塗るだけの簡単ケアで自分の顔に自信が持て日を目指しましょう!

 

 

二の腕の毛孔性苔癬とケアは同じ?とケアは同じ?

 

顔にできてしまった毛孔性苔癬は二の腕と同じケアで大丈夫でしょうか?

 

同時にできている人が多いので、できれば同じケア用品を使いたいと思うますが、市販の薬などは顔に使えるとは限りません。

 

しかし、二の腕ブツブツに効果的な「ピュアルピエ」は二の腕意外にも使用できる優秀なケアクリームです。

 

顔に使うものですから、できるだけ低刺激で効果的なものをと思うのは当然ですよね?

 

ピュアルピエは肌に悪影響を及ぼす可能性がある成分が一切含まれていないので、安心して顔に使用できます。

 

もし、「効果がない」「肌が荒れた」など困ったことになった場合は、すぐに返金できるのでとにかく使ってから判断する人が多いようです。

 

顔にできたぶつぶつは優しく洗ってしっかり保湿。

 

とにかく刺激を与えることを避けて過保護にしてあげることで、肌のターンオーバーが一気に改善しブツブツも剥がれ落ちてくれます。

 

ゴシゴシすればしただけ悪化してしまうことを忘れずに、とにかく2.3ヶ月は使い続けてみましょう。

 

徐々に顔にできてブツブツが薄くなるのを実感できるはずです。

 

 

 

 

 

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top