二の腕のブツブツ・ザラザラは重曹石鹸で洗うと解消する?その理由とは

二の腕のブツブツ・ザラザラは重曹石鹸で洗うと解消する?その理由とは

 

二の腕のザラザラの原因というのは角栓・硬化角質なんです。

 

古い角質が二の腕の毛穴に溜まってしまうとザラザラとした肌触りになってしまうんです。

 

そこに、重曹の弱アルカリ性と極小のスクラブが合わさると、何が起こるのかというと、ザラザラをほぐして絡め取ってくれるんですよ。

 

そして、重曹の粒子は硬すぎずに程よい柔らかさがあるので、お肌を傷つけずに優しく洗い上げることが出来るんです。

 

他にも、角栓を吸着するための泥や肌を柔軟にしてくれる尿素、そして種類の保湿成分が、すべすべ肌へと後押しをしてくれるんです。

 

重曹は石油系の洗浄成分を使用していません。

 

ナチュラルな素材(ハチミツ、植物由来石けん素地等)などから作られているところも安心できるところですよね。

 

 

二の腕ザラザラとさよならしよう!重曹石鹸の使い方って?

 

それでは、重曹石鹸の肝心の使い方のご紹介です。

 

使い方といっても至って簡単なんですよ。

 

お風呂で直接になで洗いするだけなんです。

 

これって、とっても手軽なケア方法ですよね。

 

これなら、億劫がることもなさそうです。

 

重曹の使い方のポイントとなるのは、重曹石鹸の広い面を使います。

 

そこで、二の腕をクルクルと円を描くように洗うんです。

 

そうして、ぬるぬるしなくなるまでしっかりと洗い流すのが大切なんです。

 

そして、洗った後はクリームなどでしっかり保湿をすると、しっとりスベスベになるんですよ。

 

 

重曹石鹸とは?

 

まずは重曹とは何かですね。

 

ナチュラルクリーニングのアイテムとして知られているのが重曹です。

 

重曹を売っているお店って多いですよ。

 

ですから、手に入れるのも簡単なことも重曹の魅力となっているのです。

 

重曹のおだやかな研磨効果を生かすといろいろなものが磨けますよ。

 

そして、その消臭効果を活かして、生ゴミや靴箱の消臭剤として使われることもあります。

 

さらに、重曹は入浴剤としても活躍するんです。

 

洗濯には重曹は向いてないんですけど、家中のさまざまな場所で使えるアルカリ剤なんです。

 

重曹は、ふくらし粉やコンニャクの凝固剤、そして胃薬の成分として昔から重宝されてきました。

 

近年はナチュラルクリーニングの主役となってマスコミにも取り上げられているのでよく知られるようになりました。

 

How to本も数多く出版されているんですよね。

 

重曹はスーパーで簡単に手に入るんです。

 

ですから、重曹を愛用している人は多いんですよ。

 

重曹は重曹石鹸などといったもので、使い道は多いのですが「万能」ではないんです。

 

きちんと使うためにはちょっとした知識が必要なんですよ。

 

「汚れが落ちないんだけど…ふつうの石鹸のほうがいいかも…」「重曹石鹸でこすったら鍋が変な色に変わっちゃった!」「消臭効果もあるって聞いたんだけど、ニオイが取れないよ…」

 

もしもこんな経験があったら…重曹ってだめじゃん…なんてことになりますよね。

 

でも、それは重曹の使い方がよくないんです。

 

コツをよくつかんでなくて使っているんです。

 

重曹石鹸て、重曹の性質をよく知って使いさえすればすごい働きをしてくれます。

 

ですから、重曹の特徴をしっかりチェックして、重曹石鹸の力を最大限に引き出してあげましょう。

 

 

本当に治る?

 

重曹石鹸て毎日使ってもいいの?

 

刺激はないの?

 

そんな重曹石鹸の使用頻度なんですが、毎日使って大丈夫なんですよ。

 

重曹石鹸手毎日使ったら反対に肌荒れなんか起こしそうですよね。

 

でもそれって思い過ごしなんですよ。

 

毎日、お風呂で体を洗う際に重曹石鹸をきになる二の腕だけ使ってもいいですし、膝などザラザラが気になる部分にも、重曹石鹸を使って洗えるので効果が現れるのも早いですよ。

 

二の腕のザラザラを解消するためだけに重曹石鹸を使うのもなんだか少し勿体無いような気もしますね。

 

ピュアルピエ、お得な公式!

page top